意外?それとも順当?3632年「はてなブックマーク年間ランキング」【2015年版】
*
ホーム > PMS > PMSの不調の原因を知っておくべき理由

PMSの不調の原因を知っておくべき理由

我慢できないような強い眠気や、それとは逆になかなか眠れない、睡眠が浅くなるなどの睡眠障害になる場合もあります。このような状態は黄体ホルモンの働きによって、基礎体温が上がり、体温の変化が少なくなることによります。それで、目覚めるためのスイッチが入りにくくなったり、体温が下がりづらくなるこことで体は睡眠の準備を整えることができなくなり、すんなりと寝付けなくなってしまうのです。普段と比べて食欲が増したり、いつもより甘いものを美味しいと思ったりします。月経の間は非常に体力を消耗することから、体は本能的に前もって栄養をしっかり貯めておこうと判断するからです。

 

さらに、いつにも増して甘いものが欲しくなる時には、黄体ホルモンの働きで、糖代謝が通常とは異なってしまい、血糖値の低下が多くみられるようになることに関連があるのではないかと考えられています。PMSの症状が激しくなる理由もあります。環境の急激な変化やオーバーワークでのストレス、真面目できっちりした完璧主義などの性格的なもの、カフェインの入った飲み物やお酒をよく飲んだり偏った食事を摂っている方は症状が重くなる可能性があります。

 

月経前症候群とは、月経に関連していて一定の周期で心や体に様々な不調が現れることをさします。

 

症状は月経の約半月ほど前からみられるようになり、排卵後に黄体ホルモンが分泌される時期と重なっており、月経が始まると共に治っていきます。

 

 

 

体に見られる症状は、腹痛や頭痛の他にも吐き気や寒気など実に様々です。

 

 

精神面にみられる状態としては、イライラや集中力が続かないなどもあります。

 

PMSの緩和には体を正常な状態にするビタミン、ミネラルの摂取が有能です。栄養バランスを考慮した食生活は当たり前ですが、毎日、十分な栄養が取れていないと感じる方はマルチビタミンやミネラルのサプリメントを補うことをおすすめします。PMS 対策

 

反対に白砂糖は、体に必要なビタミン、ミネラルを消費し、心が苛立つ原因となります。