意外?それとも順当?3632年「はてなブックマーク年間ランキング」【2015年版】
*
ホーム > メニエール病 > メニエール病とうつ病は関係が深い

メニエール病とうつ病は関係が深い

メニエール病とうつ病は深い関連がある病気です。

 

 

 

うつ病の場合にも、耳鳴りやめまいなどの症状を起こすことがあります。そのようなめまいは心因性のめまいといわれ、三半規管など耳の器官による病気のめまいとは区別されているのですが、メニエール病との診断を受け治療を受けたものの回復をせず、本当は心因性のめまいだったというような事例もあります。先進国にすむ人達が多くかかり、それがまったく発症がないとされる発展途上国ですが、ストレスがあるかないかで変化し症状への治療法はまだ決まっていないようで、信頼できる専門医もいない模様です。

診断を受ける機会かあったなら、発作が起きた場合も冷静になりその場に必要な対処が必要でストレスをためずに心がけながら生活習慣をしましょう。

この病気は、主にめまいが不意に起こり、ほとんどの人が立つ事さえ困難なほどの辛い状態となります。

 

 

周りがぐるぐると回転して平衡感覚がおかしくなったようになります。この発作は数時間以内で次第に回復していきます。めまいが強いときは静かに横になることが必要です。

女性に多いメニエール病の治療とは、起きていられない位の辛い発作の時は安静をするようにしめまい止めを使うことで落ち着くようです。手術する方法もありますが約7割~9割でめまいなどが改善されまた聴力を失う確率もあり注意する必要性があります。

日常生活では食事療法での成果がありビタミンや食物繊維を摂取するとおこなうことで有効な手段だとされ自分自身によるセルフケアも大事になってくるのでしっかりとやることが大切です。メニエール病ではムカムカやひどいめまいが生じ同じくして聴覚もおかしくなるので、難聴の状態になりライスネル膜が元のように正常になるとめまいも消失していきます。

発作がおさまるまでの時間は人によりけりですが30分~数時間の間のケースが大半を占めます。メニエール病に効く漢方薬はこちら